遺言・相続関連

遺言・相続関連

Q.未成年者でも遺言はできますか。

A.満15歳以上であれば遺言することはできます。

Q.ビデオに録画した遺言は有効ですか。

A.遺言は原則として書面によらなければなりません。
 ビデオに録画したものやテープに録音したものは無効です。

Q.自筆証書遺言にはどのような決まりがありますか。

A. すべて自分で書き、署名をして印鑑を押します。
  書面を作った日の日付を必ず入れてください。

Q.自筆証書遺言をパソコンで作成してもいいですか。

A.自筆証書遺言は、全文を自筆で書くことが条件です。パソコン等の使用は、書き換えが容易な上、誰が書いたのかが特定できないので、無効とされています。

Q.公正証書遺言を作成する場合、どのように作成するのですか。

A.公正証書遺言は、公証人に対して遺言者が内容を口授し、それに基づいて公証人が作成します。これを公証人が遺言者と立ち会っている2名の証人に読み聞かせるか、閲覧させ、内容を確認した上、3人が署名捺印し完成します。

Q.遺言者が寝たきりで、公正証書遺言を作成するため公証役場まで出かけられない時はどうすればいいですか。

A.遺言者の依頼によって、公証人が入院先や自宅に出張することもできます。ただし、出張費がかかります。

Q.夫婦二人で1通の遺言書を遺そうと思っていますが可能ですか

A. 遺言は、各人それぞれの意思によって個別に作成される必要があるので、夫婦二人で1通の遺言書ということはできません。それぞれ1通ずつ作成してください。 

Q.証人は誰に依頼すればいいですか。

A.以下の人は証人になれません。
  ① 未成年者
  ② 相続人、受遺者およびその配偶者ならびに直系血族
  ③ 公証人の配偶者・四親等内の親族および公証人役場の書記・雇人