ホーム > 遺言

遺言

遺言とは

遺言とは、死後、自らの意志を通すための故人のメッセージです。法律的に問題になるのは相続財産の分割についてがほとんどです。民法上の法制度における遺言は、死後の法律関係を定めるための最終意思表示をいい、法律上の効力を生じさせるためには、民法の定める方式に従わなければなりません。

民法では、特別な場合を除いて、書面主義を取っており、遺言に法的効力を持たせるには書面にしておく必要があります。

また、遺言には、「普通方式遺言」(一般的なの遺言方式)と「特別方式遺言」(災害などにより普通方式遺言が不可能な場合の遺言方式で、口授で行い、後に書面にする場合もある)があり、一般的な「普通方式遺言」には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」があります。

遺言書別の特徴

自筆証書遺言

長所     短所
時を選ばず一人で簡単に作れる。 紛失する恐れがある。
他の人に知られず遺言できる。     すべて自筆の必要があり、形式に不備があると無効になるため、ある程度の知識が必要である。
費用がかからない。     相続人は、遺言書を家庭裁判所に持ち込んで"検認"という手続きをとる必要がある。

公正証書遺言

長所     短所
公証人が作成し、保管しますので確実で、間違いがない。     証人2名と印鑑証明書などの書類が必要なため、手続きが厄介である。
公証人に対し口述すれば足り、文字を書けない状況の人でもできる。     作成費用がかかる。
自筆証書遺言のように"検認"の手続きがいらない。     遺言内容を2名の証人に知られる。

秘密証書遺言

長所     短所
遺言内容をだれにも知られない。     内容について公証人の指導がないので、後々紛争の可能性がある。
公証人の手を経るので、偽造等の危険がない。     承認が2人必要、など手続きが煩雑。
署名が自筆であれば、内容はタイプでも有効。